クレンジングの知っておきたいポイント

クレンジングをたっぷりいましょう。

きれいにクレンジングをする為には、たっぷりのクレンジングを使って、素早く優しく丁寧に落としてあげることが基本です。
1度に使うクレンジングの量は、500円玉程の大きさを使いましょう。

クレンジングを優しく肌になじませてあげ、指の腹を使って優しくマッサージをするように軽いタッチでこすって汚れを浮かせてあげます。
肌に負担をかけないように、長い時間クレンジングを肌に付けっぱなしにしないようにしましょう。

マッサージの感触が軽くなってきたら、メイクが浮かび上がってきている証拠ですので、素早く洗い流してあげましょう。
必要以上に長い時間かけて落とす必要はありません。

メイクや汚れを落とす為に、肌をこすりますので、クレンジングの量が少ないと、肌の摩擦が大きくなってしまい、肌を傷める事になってしまいます。
必ずたっぷりの量を使って、マッサージをしながら肌を優しくこすってあげましょう。

クレンジングする時は、肌をゴシゴシとこすらない!

クレンジングをする時は、あくまで軽いタッチで肌に触れるようにしましょう。
くるくると優しくこする程度で肌に触れてあげて、肌に余計な負担をかけないように優しく触れましょう。
ゴシゴシと力任せにこすってしまうと、肌に大きな負担がかかってしまって、シミが出来たり吹き出物が出来てしまったり、肌荒れを起こしやすくしてしまいます。

手の力を抜いて指の腹を使ってマッサージをするように肌に触れることで、肌への刺激を抑えてくれて、目や鼻等の細かい部分の隅々まで汚れを落としてくれます。
肌に優しく触れる、脱力クレンジングを心がけましょう。

ぬるま湯で洗い流した後、優しく毛穴を開いてあげましょう

クレンジングを流してあげる時に熱いお湯を使うことは、肌に大きな負担をかけてしまい、流さなくてもいい成分まで流してしまいますので絶対してはいけません。
あくまでも、ぬるま湯を使うようにして、クレンジングを流してあげましょう。
ぬるま湯は汚れを取りやすいので、流した後は肌がスッキリします。

クレンジングを流したあと、毛穴を開いてあげると洗顔時に汚れを出しやすくしてくれますので、湯船に入って肌を温めて毛穴を開いてあげますと、洗顔の時にきれいに汚れが出やすくなります。