クレンジングを間違いなく使いましょう

ゴシゴシ洗いは、いけません

細かい場所は落ち辛いと勘違いして、特に力を入れて指先でゴシゴシ洗いをしてしまったり、余計に摩擦する事で、より一層汚れが浮き上がってくれていると、勘違いしているひともいると思います。
力を入れてゴシゴシしてしまうと、却って汚れが落ちにくくなるどころか、肌への大きな負担となってしまって、シミや色素沈着に繋がってしまいます。

クレンジングの落ち具合の目安は、くるくるとクレンジングでこすっている時に、感触が重い感じから軽い感じに変わってきます。この時が、メイクが綺麗に浮き上がってきた証拠になります。
特に、細かい部分は力を入れず軽くマッサージをするように落とすのが、メイクをきれいに落とす事につながります。

すすぎ過ぎは、いけません。

しっかりメイクや汚れを落としたいが為に、ついついジャバジャバとすすぎ過ぎてしまう事ってありますよね。
汚れを沈着させたくないので、とりあえず沢山すすぐと綺麗にしてくれるのかな?と思ってしまいますが、10回以上すすいでしまうと、却って肌をダメな状態にしてしまいます。

すすぎ過ぎてしまうと、お肌のバリア機能が薄くなってしまい、必要な皮脂も余計に流れ出てしまいますので、肌に負担がかかり過ぎるようになってしまい、肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。
その影響で、乾燥や炎症を起こしやすいお肌になってしまいますので、すすぎ過ぎには十分注意をして、すすぎ回数を10回以内にとどめましょう。

逆にすすぎ不足をしてしまうと、落としたい汚れがきちんと肌から流れなく、肌の奥に汚れが残ってしまって、そこから肌トラブルを起こしやすくなります。
適度のすすぎ回数を試みて、肌のバランスを崩さないようにしましょう。

シャワーですすいでは、いけません

お風呂場でメイク落としをする時に、シャワーを使うと水圧があるので、よりキレイに汚れが落ちると勘違いしている人もいると思います。
シャワーの水圧は、顔の肌には水圧が強すぎるので、顔のお肌に過剰な負担をかけてしまいます。
皮脂崩れ等の肌トラブルを起こし易くなってしまいますので、絶対避けましょう。

お風呂でメイク落としをする時は、面倒でも蛇口のお湯を使うようにしましょう。
また、お湯の温度が高いと、なおさら顔のお肌に良くありませんので、温度調節をして、肌に負担をかけないようにしましょう。